不動産

 

 

 

売買の流れ及び諸費用
不動産を購入する際には、物件代金とは別に諸費用がかかります。

※物件の購入申し込みをし、住宅ローンの事前審査をします。
おおむね2〜3日で住宅資金を貸せるかどうかの返答がきます。
融資可の場合、売買契約を締結します。
■手付金        ※売買価格の5〜10%程度
■印紙代        ※貼付印紙代を売主と折半
■仲介手数料(半金)
■金銭消費貸借契約印紙代
    ■物件により中間金が必要になる場合があります。
■売買代金残金
■固定資産税等精算金
■登記費用
■ローン保証料・手数料
■火災保険料
■仲介手数料(半金)
■引越料・家具等




例:中古一戸建を購入(4LDK・築15年 35年ローンの場合)

売買代金 1,500万円 手付金 1,000,000円
売買契約印紙代 7,500円
金銭消費貸借貼付印紙代 20,400円
固定資産税等精算金(概算) 50,000円
登記費用(概算) 230,000円
ローン保証料・手数料(概算) 500,000円
火災保険料(概算) 600,000円
仲介手数料 535,500円
合計(自己資金)
2,943,400円(概算)


※物件の規模、種類等により金額は変わります。